カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ*ご予約 サイトマップ
RSS
 

大人つけまつげ「付け方」☆fringeと一般的との違い?



【fringeオリジナル付け方の理由】



fringeでは、
つけまつげの付け方が、一般的な付け方とは異なります

ここでいう一般的な付け方とは、

○ビューラーで自分のまつげをあげて下準備する
○のりを側面(?)につける 
○ピンセットでつけまつげをはさみ、中央からつける

など、
よく動画で見ますね。

もちろん、
このやり方でつけやすい方はこのやり方で良いのです



fringeの付け方

◎ビューラーで下準備をしない
◎のりは裏につける
◎つけまつげを指で持って、目頭からつける
◎顔を動かす&最後は上から押さえつけ(ポイント)

が、基本となっております。(慣れたら数秒でつけられます♪)


ただ、この付け方は「自然にみえるため」の付け方であるため
つけまつげが下がって見えてしまうことがあります。


そのために【立ち上げ美調整】が必要となるわけです。

自然に見えるための付け方のための、美調整です。



この【立ち上げ美調整】も
下がっているつけまつげをただあげるのではなく
お一人お一人に合わせて、似合うカール&角度で調整します。
(グラデーションカール)

立ち上げすぎない方が美しく見える人もいますし、
一重瞼、二重瞼によっても強さを変えたりします
グラデーションカールで、目のカーブに合わせて自然な流れを作ります。

また、ほんの少し角度を変えるだけで自然に見えたりします



〜【立ち上げ美調整】〜

◎自然に見える付け方のため
◎お一人お一人の似合うカールで調整できる



〜【fringeオリジナル付け方の意味】〜

◎自分のまつげになじみやすく、自然な見え方にする
◎いつも決まった位置(理想の位置)につけられる
 (つける位置でつけまつげの見え方が全く変わってしまうため)