カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ*ご予約 サイトマップ
RSS
 

大人つけまつげ【剥がれるのり/劣化したのりの調べ方?】salon fringe



つけまつげのりの劣化により

つけまつげが剥がれやすくなるという経験をしました

 ☆その時の記事→☆


つけまつげのりは
たっぷり使用してもガンガン減る物ではありません。

それ故に
なかなか劣化に気づきにくいものであると感じています(私だけかもしれませんが

(最近ののりはドロドロしにくくなっているので余計にわかりづらいです


ということで

自分の戒めとして

ここに「劣化」したのりの特徴をまとめたいと思います


 *リキッドタイプのりの特徴です


◎つけまつげを剥がすとき、何の抵抗もなく簡単に剥がれる

 しっかりついた日は、「目尻・目頭」部分を剥がすときに「剥がれる」という感じがありますが
 劣化したのりは「剥がれる」という感じさえも感じられず簡単に剥がれる


◎いつもよりものりが「厚め」についていると感じる

 劣化してくるとつけまつげを外した後にのりが厚みがある(丸みを帯びる?)ようになる
 (こんもりしているイメージ)
 
 付けるときももったりとボリュームがある感じに付くようになります。


◎のりをつけまつげに付けるとき、さらっと薄くつかない
  
 劣化していないのりはさらっと薄く付き、
 つけまつげを外した後もさらっと薄く目立ちません
 (のりの処理が難しいと感じるくらい薄くて目立ちません)


◎のりの処理が非常に簡単になる

 劣化したのりは、つけまつげののりの処理の時に
 簡単に剥がれます。(しかもこんもりしているので取りやすいです)

 爪でも簡単に剥がれることが多いです。

 劣化していないのりの時は
 のりが薄く、さらにぴたっと密着しているため、
 爪で剥がすことは難しいです。

 *アレンジツィーザーを使用しますと綺麗に取れます♪



・・・言っている事はほとんど同じですが

角度を変えて気づくようにまとめてみました


以前はほんとすぐにドロドロになっていたのりが
最近は改良されたのか、
ずっとさらさらなままなので気づかないです

でも接着強度は劣化していくのは当たり前なので
新しいのりを開けたら
次の買い換えの時期をメモしておくのが良い
と思います(あ、自分に言っています


剥がれやすい・・・・と、お感じになられたら

何よりもまず

「のり」を確認してみてくださいね〜