カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ*ご予約 サイトマップ
RSS
 

fringeのりの【点付け法】





剥がれにくく、
そして剥がすときにお肌に負担がかかりにくい、

fringeオリジナ「点つけ法」です


 *「剥がれにくいタイプ」ののりを使用します


つけまつげを「裏」にします
(フリンジではのりは側面ではなく「裏」の部分につけます)


つけまつげの「目頭」部分と「目尻」部分以外の

黒目付近の部分

ほんの少しのつけまつげのり中央部分から

極少量で「点」で5mm間隔くらいでつけていきます 
(間隔は自由ですが毛束(毛の糸の部分)がおすすめです)

(すぐ乾くくらいほんの少しの量です  * ピンクの印の部分です)

 中央付近ほど、軽め・極少で大丈夫です♪

そして

最後に「目頭」と「目尻」部分

2〜3ミリ幅(線を引くように)のりをつけます。(下の写真のグリーンの部分です)

(点でつけると剥がれる心配があるため


(剥がれることを絶対に避けたい人は)

「目頭」「目尻」部分ののりが、あまり乾かないまま、つけます。

(乾かさないと強力につくため、通常は少し乾かす方が良いです)


こうすると

剥がれやすい「目頭」と「目尻」は強力についていますが、

黒目付近の部分は穏やかについているため



使用中は剥がれる心配がない上に、

さらには

剥がす時もお肌への負担が軽減するというわけです



また、

つけまつげののりをほんの少ししか使用していないので

目やお肌への影響も軽減されます。


そして何と言っても

「極少」しか使用していない為

のりが目立ちにくいだけでなく
つけまつげの「のりの処理」が簡単でしかも
つけまつげが綺麗に保てる為、
つけまつげが長持ちします♪


極めつけは、

『付け心地も非常に軽い』

という

良いことずくめの
fringeオリジナルのおすすめの付け方です☆



つけまつげののり、つけ方を工夫するだけで

つけまつげが長持ちしますので

とても大事な部分です